代表者のご紹介

R0011402 (2)   

代表取締役/公認会計士  荒木 隆志

大手監査法人にて監査業務を経験後、1996年青山監査法人プライスウオーターハウス(現プライスウォーターハウスクーパース/PwCジャパン)に移籍し、上場準備会社ためのコンサルティング業務に従事。

2000年からは、PwCジャパンのM&A支援グループ(現プライスウォーターハウスクーパース株式会社)に異動し、会計事務所のM&Aアドバイザリー業務、企業再生支援業務の草分けとして、デューデリジェンス、価値評価、M&Aアドバイザリー業務で数百件以上のM&A、事業再編、企業再生案件に関与。主な関与案件は以下の通り。

⁃ 産業再生機構によるダイエー再生支援

⁃ 再生タスクフォース及び企業再生支援機構による日本航空再生支援

⁃ 会社更生法適用、民事再生法案件など法的整理、私的整理案件多数

⁃ 大手商社の合併、大手エンターテイメント会社の経営統合、大手情報システムの合併など多数の経営統合案件

⁃ 大手PEファンドによる多数のMBO案件

- 大手電機メーカーのなど選択と集中のための事業再編などカーブアウト案件多数

- 大手自動車部品メーカーの買収後の経営統合支援などポストM&A支援

- その他数百件以上のM&A、事業再編、企業再生案件

一橋大学社会学部卒業

【著作】 「財務デューデリジェンスの実務」(中央経済社)共著、「M&Aナレッジブック」(中央経済社)共著