デューデリジェンス

トランザクション・サポートのデューデリジェンス

今やデューデリジェンスは誰でも提供している業務ですが、誰でも提供しているが故に、その品質には大きな幅があります。依頼した担当者が実はM&Aの実務経験があまりなく、ご不満に思われたことはないでしょうか?また、実績ある大手ファームに依頼したものの、実際に手を動かして調査を実施したのは経験が浅いスタッフのみで、苦い思いをされたことはないでしょうか?さらに、品質には不満はなくとも、業務報酬について本当に価格に見合うサービスが提供されているのか、疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?

トランザクション・サポートでは、大手ファームと同等以上の高品質なサービスを、よりリーズナブルな業務報酬で提供いたします。

  • M&A実務と理論に精通した担当者が直接調査と報告を行います
    デューデリジェンスは、監査のように実施内容に基準やマニュアルがあるわけではなく、かつ、通常は短期間で調査が行われることから、M&Aの目的と、対象会社の事業内容、事業リスクを総合的に勘案して進める必要があります。したがって、同じ内容を依頼したとしてもアウトプットが全く異なる可能性があり、「誰が実施するのか」が非常に重要となる業務です。
    トランザクション・サポートのデューデリジェンスでは、大手ファームで経験を積み、M&A実務と理論に精通した担当者が、直接調査を行ってご報告します。
  • 価値評価/Valuationを初め、意思決定にに直接に結びつく報告をいたします
    価値評価/Valuationにも精通した担当者が、価値評価/Valuationに直接的に結びつく重要事項をご報告します。その他、契約条件やスキームなど重要な意思決定に関連する事項も同様です。「問題」が検出された場合、それはM&A意思決定にどのように影響し、どのような解決策があるか、具体的に報告させていただきます。
  • 効率的かつ間接コストがありませんので、高品質なサービスでもリーズナブルな業務報酬で提供可能です
    M&A財務アドバイザリー業務は、実務上、想定工数(時間)をもとに見積もりが行われるのが通常ですが、経験が浅い担当者とと経験豊富な担当者では同じ時間をかけてもアウトプットは全く異なります。また、幸か不幸か、多数の間接人員を抱える必要も、グローバルネットワークを維持する必要もありませんので、サービス提供にかかった直接の担当者の時間とコストを基礎に報酬を相談させていただけます。結果としてクライアントの皆様から見て、非常にリーズナブルな業務報酬でのサービス提供となるかと思います。
  • 予算が限られている場合でも、コスト・ベネフィット比較から、最も有効なアプローチを提案させていただきます
    案件の規模、案件の性質などによって、全ての案件に同じコストをかけられないのは当然のことです。
    予算が限られている場合でも、どのような調査アプローチと調査範囲でデューデリジェンスを実施することがベターか、積極的に提案させていただきます。
  • 税務デューデリジェンスもワンチームで実施します
    税務デューデリジェンスについても、必要な場合には、提携する税理士事務所と事実上一体のワンチームとしてご提供させていただきます。もちろん、ご指定の税理士事務所と共同作業することも可能です。