M&A売り手側支援

トランザクション・サポートのM&A売り手支援

M&Aの買い手側にはデューデリジェンス、価値評価業務などの専門家がアドバイスすることは半ば常識となっていますが、FA(ファイナンシャル・アドバイザー)と呼ばれるような証券会社や投資銀行などのアドバイザーが双方につくような大型M&Aは別にして、売り手側に財務の専門家がつくことはあまりありません。その結果、専門家を擁する買い手との交渉で不利となり、事業や株式の売却によって、売り手側が本来得られるはずのリターンを逸失していることはないでしょうか?

また、例えば選択と集中のために会社の一部門を売却しようとした場合、売り手側は、売却対象事業というものを、移管対象従業員・役員(ヒト)、固定資産や運転資本の経営資源(モノ)、契約関係の面から定義し、かつ、買い手側のデューデリジェンスや事業価値評価のために、当該売却対象事業の範囲と整合した財務データ(典型的には移管対象事業の過去の損益計算書と将来事業計画)、その他の資料を提出しなければなりません。しかしながら、たいがいの場合には不十分なものしか売り手側が準備しておらず、その結果、事業売却の価値を毀損してしまっているケースも珍しくありません。

トランザクション・サポートでは、M&Aの売り手となったクライアントを例えば以下のように支援させていただきます。

  • デューデリジェンス受入支援
    M&A、特にM&Aの売り手側となることに慣れている会社というのはほとんどないはずです。例えば、未公開会社が業務・資本提携その他の理由で公開会社の出資を受け入れることになった場合、公開会社からはデューデリジェンスのための資料要求や山のように来ますが、その要求に全て応える必要があるのか、など様々な疑問、不安が出てくるものと思います。M&Aの買い手側アドバイザーとしての豊富な経験から、売り手としてどのように対応し、準備すべきかについてアドバイスをさせていただきます。
  • 事業計画策定支援
    M&Aの買い手側からは、彼らの価値分析/Valuationのためにほとんどの場合、事業計画の提出を求められまが、事業計画を策定していないケースも多いでしょう。そのような場合については、策定しないので提出できない旨を理解してもらうことも一案ですが、売り手側が適正な価格での売却を実現するためには、積極的に売り手側で事業計画を策定することも考えられます。そのような場合、売り手側に提示する事業計画策定を支援させていただきます。
  • 売り手側のための事業・株式などの価値分析支援
    買い手側に財務アドバイザーがついている場合、買い手側は財務アドバイザーが提供する価値分析/Valuation報告を基礎に価格交渉に臨んできます。しかしながら当該価値分析/Valuation報告は、買い手の立場から行われたものであり、公正不偏のものではありません。「買い手が専門家を雇って出した価格だから間違いはない。」ということでは全くないのです。
    貴社の立場にたって価値分析/Valuationを行った場合にどのように考えられるかについて、財務専門家として分析を行いアドバイスさせていただきます。
  • 事業譲渡(カーブアウト)の事前準備支援
    事業譲渡(カーブアウト)を行う場合には、会社・グループの一部として機能していた部門を切り出すことになるため、例えば譲渡範囲には含まれない共通部門から受けていたサービスをどのように代替するか、など「スタンドアローン問題」と呼ばれる様々な問題が生じます。また、部門別損益計算を行っていたとしても、大概の場合には管理会計で設定した部門と、実際に切り出すことになる部門は異なりますので、買い手側に譲渡対象部門の過去損益データや事業計画を提示することは、実は結構大変なことです。買い手側にしてみれば、譲渡事業の定義は不明確であったり、十分な財務データの提示が無く不明な部分が多い場合、買収をやめるか、買収したとしても買収価格を引き下げざるを得ませんから、売り手側の売却によるリターンを最大化できないことを意味します。
    トランザクション・サポートでは、カーブアウトを行う売り手側が、どのような準備を行い、どのようなデータを提示していくかについて、買い手側アドバイザーとしての豊富な経験も踏まえ、支援させていただきます。