価値評価業務/Valuation

トランザクション・サポートの価値評価業務/Valuation

価値評価業務/Valuationで大事なのは、DCF法におけるCAPMを初めとした「財務理論の理解」と、事業計画やEBITDAなど価値評価業務のベースとなる財務数値の背後にある対象会社の「事業の理解」の両方です。「事業の理解」は、M&Aの世界では、デューデリジェンスなど対象会社の調査、分析によって得られるものですが、一般にデューデリジェンス担当者と価値評価業務担当者が別チームであり、残念ながらデューデリジェンスで得られた知見が全く生かされずに価値評価が行われることがめずらしいことではありません。

トランザクション・サポートの価値評価業務/Valuationは、デューデリジェンスを初めとした財務調査・分析を通じて「事業の理解」に通じている担当者が、「財務理論の理解」を踏まえ、クライアントの意思決定に資する適格かつフェアなアドバイスをさせていただきます。

  •  デューデリジェンスなど財務調査・分析に精通した担当者が価値評価業務/Valuation業務も行います
    価値評価業務/Valuation業務で本当に大事なのは、財務理論もさることながら、財務理論を適用するそもそもの基礎データである事業計画やEBITDAなど財務データが適切なものであるか否かの判断であり、それを判断するためには財務データの背後にある事業の姿を理解することです。そのため価値評価業務/Valuation業務の担当者は、提示された数値をそのまま鵜呑みにするのではなく、批判的に検証するため、デューデリジェンスではなくとも何らかの財務調査業務の素養、経験を持つことが必要です。トランザクション・サポートではデューデリジェンスを通じて対象会社の事業計画、EBITDAなど財務数値の背景を調査した豊富な経験を持ち、かつ最新の「財務理論の理解」も当然に持つ担当者が業務を行います。
  • デューデリジェンスと価値評価業務/Valuationを同時にお任せいただければ、同じ担当者が実施することで効果的、かつよりリーズナブルな業務報酬で業務を提供させていただきます
    本来は、デューデリジェンスと価値評価業務/Valuation業務は密接に結びついているべき業務です。トランザクション・サポートに財務デューデリジェンスと価値評価業務/Valuationを両方お任せいただければ、同じチーム、担当者が両方の業務を行いますので、より効果的にサービスを提供させていただきます。また、デューデリジェンスでは価値評価業務/Valuation(及び契約条件、スキームなど他の重要事項)に影響しない事項については深堀りしないなど、効率的な調査が可能になりますので、結果としてよりリーズナブルな業務報酬レンジでサービス提供が可能です。